月香る夜の独り言

2019年5月にYahoo!ブログから移転してきました。10代から貯めてきた言葉を載せていきます。

澄んでゆく青

溜め息吐けば Blow my blues
逃げてゆく元気が笑う
どうして 理由を持たずに
悲しみは溢れてゆくのだろう

心に響く言葉なんて要らない

口笛吹けば Blow my mind
体ごと失くせる気がした
どうして 形を持たずに
感情は生まれてくるのだろう

底無し沼のように 澄んでゆく青

正気も過ぎれば狂気に変わる
真夜中のキーを叩く音 虚しく…

想いを声に出しても届かなくて

普通でいることに疲れたんだ
Ah 生きる事から 自由になりたい
「救いは自分の中にしかない」
そう分かってはいても

誰かに期待してしまうんだよ
誰も信じられないと言いながら

Candy

彼女はいつも寝ている
彼女はいつも遅れる
彼女を楽にさせるための
仕事は誰に?

彼女は人を欺く
彼女は人を見下す
彼女を輝かせるための
この世は舞台

I just play my role
手の平で玩(あそ)びながら
I just play on words
舌先で転がされ甘くなる 愛のキャンディ

彼女は僕のそのもの
彼女は僕のラブドール
彼女を繋いでおくための
首輪は何処に?

I just play my role
手の平で玩(あそ)びながら
I just play on words
舌先で転がされ甘くなる I'm A Candy

舌先を転がって堕ちてゆく 
“運命”

体は嘘をつかない

言葉は通じているのに
成り立たない会話
ねえ私の中で 一体
何が起きているの

どうせなら 美しく壊れたい

I wanna do that right now
Anywhere we can be free
体は嘘つけない
どんなに心を偽っても

欲望に飼い馴らされた
理性に身を委ね
感覚を麻痺させてゆく
血がフツフツ沸き立つ

純粋である程に冷たいの

I wanna do that right now
Anywhere we can be free
体は嘘つけない
どんなに心を偽っても

胸をまさぐって
舌を割って
もっと支配して 私を

I wanna do that right now
Anywhere we can be free
体は嘘つかない
どんなに心を偽っても

鮮やかな生命(せかい)

ただ君が笑うだけで この空が晴れてゆくだけで
僕たちは変われるんだ
生まれ出た姿のまま 臆病な僕も愛してゆこう
それだけで多くの感情(きもち)与え合えるのだから

時を重ね 出逢いの中で季節を育み
減らしてゆくモノ 増えてゆくモノ 
呆れるくらい手にしてきた
心に思う 形のない感動(おもい)のすべては
言葉にすること ためらううちに
いつしか消えてなくなってしまうから

祈りを携え立った始まりに 闇が来ないように

ただ君が笑うだけで この空が晴れてゆくだけで
僕たちは変われるんだ
生まれ出た姿のまま 臆病な僕も愛してゆこう
それだけで多くの感情(きもち)与え合えるのだから

出遭う宿命(さだめ) それならどんな理屈を並べても
逃れることなど出来ないのにね 
しつこく意味を求めては傷付いた

あなたが示してくれた道しるべ ここに標してゆく

ただ恋に落ちるだけで ただ他人(ひと)を好きになるだけで
僕たちは変われるんだ
共にゆく二人ならば どこまでも強くなれると思う
それだけで前よりずっと楽しめるから

果てしなく流れる雲のように
僕らの行方はわからないけれど
その先にある鮮やかな生命(せかい)を 君と見たいから

ただ君が笑うだけで この空が晴れてゆくだけで
僕たちは変われるんだ
生まれ出た姿のまま 臆病な僕も愛してゆこう
それだけで多くの感情(きもち)分かち合えるのだから

FAKE REALITY×REAL FANTASY

くたびれたダンスホール
照らすミラーボール
雨で錆び付いた街を
猫が笑う

踊り明かそう この夜を
虚像(フェイク)で構わない

壊れた音しか出せない
ジュークボックスのような
心を抱きしめている
自慰行為でAhh!

味気ないジャンクな空腹(よる)を
実体(リアル)で満たしたい

言葉にするにはまだ早い?
夢を叶えるのは もう少し後でいい
願い

Fake reality×Real fantasy
What would I do for me?
Show me how you do

踊り明かせば この夜も
誰かを照らすだろう

言葉にするにはまだ早い?
夢を叶えるのは もう少し後でいい
願い

Fake reality×Real fantasy
What would I do for me?
Show me how you feel

本音は言わない

深夜のゴールデンタイム
老けてゆく空 まるで
出来の悪いノンフィクション
観ているような画面

本音は言わない
全てが明らかになっても
本当は言えない
誰も信用してないなんて、さ

伝えたくないよ
例え僕の為でも

青春ドラマのワンシーン?
傾いた陽(ひ)がsunrise

自分のココロに嘘を塗る
現実から逃げない勇気が欲しい

本音は言わない
全てが明らかになっても
本当は言えない
誰も信用してないなんて、さ

伝えたくないよ
例え君の為でも
伝えられないよ
例え君の前でも

パーティーは終わらない

誰とも関わりたくなくて
世間から背を向けた僕を
君はどんな風に見ているんだろう

力無く膝を抱え込む
体に壁を越えて響く
ドアを叩く音、名前を呼ぶ悲鳴(こえ)が
罵声のように

降り注ぎ 僕を打ちのめした
It rains dogs and cats
君の眼が 皮膚から剥がれずに
呼吸ができない

一人では自分の事さえ
背負いきれないくせに なんで
他人(ひと)に頼ること出来ないんだろう
What can I do for you?

パーティーは終わらない 永遠に
夜は来ない
We got alcohol in each hearts to lose control
飲み込まれてゆく…

一人では自分の罪さえ
償えやしないくせに なんで
他人(ひと)を赦すこと出来ないんだろう
What should I do for you?

降り注ぎ 僕を打ちのめした
It rains dogs and cats
君の眼が 皮膚から剥がれない

パーティーは終わらない 永遠に
夜は来ない
We got alcohol in each hearts to lose control
飲み込まれてゆく
Mary is bleeding in the vodka.